2016年04月19日

全国学力テストを受けました。文科省のHPを見て早速自己採点。

今年6年生の長女。

新学期が始まってまだ2週間足らずですが、今日は早速「全国学力調査」が実施されました。




毎年小学6年生と中学3年生を対象に行われるこのテストは、児童の学力を量るのが目的とのことで、結果等は教えてもらえないようです。

問題用紙も当然解答も全て回収され、子供は何も持って帰ってきませんでしたが、文部科学省のHPを確認すると、今日の実施内容が問題、正答例共に発表されていました。

文部科学省 平成28年度全国学力・学習状況調査の調査問題・正答例・解説資料について




問題を印刷してみて、長女の記憶を元に自己採点。

「先生が今年の問題は簡単やって言ってた」とのことで、長女の方も何だか自信ありげでしたが・・・。




自己採点の結果に、「あれ〜?」と長女。

何だよその感想💧

根拠のない自信とはまさにこのことですね(^^;)




そんなに問題数は多くないのですが、記述式の問題などもあり、思った以上に、正答との食い違いがあったようです(^^;)

今年の春休みは、このテストの過去問なども宿題して出されたりしてたんですけどね。

あまり効果がなかったか(^^;)




まあ、正しく学力を量るのにテスト勉強してどうするよ、という感じですけどね。

で、その結果が返ってくるわけでもないようですから、こちらとしては活用のしようもないわけで。




ん〜、こういう制度は賛否両論あるとは思うんですけどね(^^;)

私としては、結果を返してもらって課題を追及できないテストに、あまり意味はないと思ってます。




前向きにとらえて、うちの子供にはテストに慣れさせる経験にはなったかな(^^)

大阪府は毎年結果が下位の方になるので、少しでも結果の向上に貢献できていればいいですね(^^;)




今日は授業なしでテストばかり受けてきた長女。

さすがにかなり疲れたようです。

お疲れさまでした(^^)




最後までお読みいただきありがとうございました。



にほんブログ村
posted by 2時の母 at 23:48 | Comment(0) | 小学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: